見栄えのあるお庭作り|家庭に一台あるだけで安全!防犯対策のためにカメラを設置しよう

玉砂利の色選びを間違えないために

玉砂利には、沢山の色の種類があります。お庭に敷く場合、色によって見える印象が変わるで色選びは、とても大切です。屋外問わず、今人気の玉砂利の色をランキングにしてみました。玉砂利を敷いて大改造してみましょう。

人気の玉砂利の色ランキング

no.1

白色

真っ白の石で、丸みがあり高級感があって一番人気です。どの環境にも使えるので、和風のお庭、洋風のお庭にもピッタリです。また、お庭だけではなく、玄関やトイレ、鉢植えなどインテリアとしても使えます。石のサイズも豊富なので、好みで選ぶことができます。

no.2

ピンク

女性に人気の色は、ピンクです。ピンクの石は、柔らかい雰囲気をつくるので、お庭に敷くと、一段と明るくなります。雨が降った後の石は、乾いた状態になるとキラキラと光ったように見えて、綺麗です。他の色の石と混ぜても、おしゃれに仕上がります。

no.3

黒色

真っ黒の石は、光沢があり重みのある感じがありますが、自然な色合いが良いと選ばれています。庭園や寺、墓所などに幅広く使わています。大きな敷地に敷いても、つやがあるので、見栄えはとてもよいでしょう。

no.4

薄い赤色

薄い赤色は、クラシック感があり土馴染みがいいので、ガーデニングしてる方に人気です。赤色は、イメージとして派手な印象ですが、落ち着いた色味です。雨に濡れるとあずき色のようなくすみがあります。木目調やレンガ調の建物にも良く合います。

no.5

黄色

お庭に黄色の石を敷くと、ポップで明るくみえるので、外観から入ってきても明るい気分になります。モダンスタイルや洋風住宅にも合わせやすいです。外観が白を多く使っている建物だと、黄色が際立ちおしゃれに見えます。

見栄えのあるお庭作り

砂利

墓に玉砂利を引く理由

お墓周りによく、玉砂利が敷かれていますが、なぜ敷いているのでしょうか。まず一つめは景観を華やかに見せる為です。そして、2つ目は、玉砂利を敷くと草が生える面積が狭くなり、生えにくくなってきます。

神社に玉砂利を引く理由

日本人が神社で玉砂利の道を歩くのは、普段は気になりません。しかし、外国人は、歩きにくいから敷く必要がないのではないのか、と疑問を感じている方が多いです。神社の石は、美しく、宝石のような石という意味が込められているます。神社などの洗浄する場所には、石を敷くことによりお清めするという意味もあるようです。

広告募集中