[PR]

玉砂利の敷き詰めを業者に頼もう
見積もり・現地調査を無料で対応

さまざまな防犯対策

家庭で出来る防犯対策は、様々あります。玄関先に防犯アピールのステッカーを貼ったり、女性なら、ベランダに男性の衣服を干しておくなど、気軽にできる簡単な方法があります。しかし、これだけでは不安な人も多いようです。もっと具体に効果がある防犯対策はあるのか見ていきましょう。

家で出来る身近な安全対策コラム

防犯カメラ

失敗しない防犯カメラ導入

最近は、マンションや一般的な一軒家に、防犯カメラが設置されています。身の安全や犯罪など未然に防いだり、事件が起きた場合は、映像に、証拠を残すために設置しているという方が多いのではないでしょうか。では、実際にどのような効果があるのでしょうか。

READ MORE
砂利

見栄えのあるお庭作り

自宅に玉砂利を敷くには、どのような種類があるのでしょうか。建物に合った玉砂利に合わせて、玉砂利の色を選んでみましょう。次のページでは、人気の玉砂利色をランキングしてみました。おしゃれに庭を作ってみましょう。

READ MORE
防犯カメラ

家庭用防犯カメラの設置

安心な暮らしを送るために、防犯カメラを設置してみませんか。防犯カメラを設置することで、一体どんな効果があるのでしょうか。防犯カメラには、種類があるのでニーズにあったカメラを選ぶことが大切です。防犯カメラについて学び検討してみましょう。

READ MORE
砂利

防犯玉砂利で家をつくる

玉砂利は、どんなイメージがありますか?玉砂利は、家のお庭に敷いて、防犯対策にしてみることがおすすめです。大きなお庭に玉砂利を敷く場合は、業者に依頼した方が時間が掛からず、家のコンセプトに合った玉砂利を選んで綺麗に敷いてくれます。実際にお客様が、玉砂利を業者に依頼した決め手をまとめてました。

READ MORE

注意点と設置方法

家庭用の防犯カメラを設置する時に、どのような点で注意すればよいのでしょか。付け方、位置、明るさ、暗さなどを注意して、効果を得たいものです。何もしらないまま防犯カメラを設置するよりも、注意点や設置方法を調べてから防犯対策を行うとよいでしょう。

屋外カメラを設置する際の注意点

直接雨がかからない場所に設置しましょう

家庭用の防犯カメラは、ほとんど防水になっています。家の外に設置するカメラは、屋外用と屋外軒下用があります。直接雨が当たらない場所を選び、軒下用の防犯カメラを設置してください。雨に濡れることにより、機能が少し下がります。また故障の原因にもなるので、注意してください。故障した場合は、すぐ業者へ連絡をして修理をお願いしましょう。

家の周りを囲むように設置しましょう

空き巣は、1カ所から侵入してきません。費用はかかりますが、複数のカメラで家の周りを囲むようにしましょう。防犯カメラがあることで、防犯がしっかりされているとアピールでき、泥棒が入りにくい環境をつくります。

防水の機能がしっかりと付いているカメラを選びましょう

屋外の防犯カメラを使用する場合は、防水機能が高いカメラを選びましょう。防水機能の数値があるので、しっかりと調べる必要があります。数値が低いと、故障の原因となり、映像の録画機能が弱まります。屋外に取り付ける時は、カメラに雨よけが付いているタイプがおすすめです。

プライベートな映像は個人情報に該当するので気をつけましょう

防犯カメラを設置する場合は、カメラの向きに注意をして取付けてください。防犯の為に設置してるはずなのに、近所からは、他の家を映しているのではないか、と注意されてしまい、トラブルの原因になったりします。映像は、個人情報に該当するので、他人の家が映らないように設置しなければなりません。また、カメラ付近には、録画していることを知らせる張り紙など貼っておくようにしてください。

外の明るさに合わせてみましょう

自宅周りが明るい時は、映像がはっきり映りますが、暗くなる夜は、映像がぼんやりしてはっきりと見えません。デイナイト機能やLED機能が付いているカメラを選んでください。また、暗くてもカメラの存在を隠したい場合は、デイナイト機能を選びましょう。カメラの存在をアピールしたい場合は、LED機能のカメラが良いでしょう。

広告募集中